SwitchにEdiZonを入れてメモリサーチをしてみよう

むかしむかし、SXOSという環境がありました。
SXOSは有料ということもあり、ゲームのバックアップから
チートまで出来る、正にカスタムなファームフェアでした。

販売元が消滅して、もう使えなくなりましたけどね!
さて、今回はEdiZonを用いたSwitchのメモリサーチの話です。

 

ということで、だいぶウラシマ状態になってしまっているので、環境を整えるところからやってみようかなと思った次第です。

とりあえず、EdiZonを入れるところからですね!

 


●EdiZonを導入する

まずは↓からファイルのダウンロードです。
GitHub release page.

「EdiZon.nro」をダウンロードしたら、SwitchのSDカードの
「Switch」フォルダなどにコピーします。

導入はこれだけかな。


●EdiZonを起動してみる

先にサーチしたいゲームを起動しておきます。
今回の実験台はアルセウスのお金(32831)です。

ゲームを起動したまま、Homeに戻ります。
そのままHomeからアルバムを開き、EdiZonを起動します。

起動したら、画面下の青い「C」のボタン(Cheats)を選択し、
Aボタンを押します。

そしてYボタンでサーチ画面へ。

TYPE、MODE、REGION、VALUEを選択していきます。

今回は、↓のよう設定しました。
Type:u32
MODE:==
REGION:HEAP+MAIN
VALUE:32831

設定したら「Search Now!」を選択し、Aボタンを押します。

サーチ中になりました。

待つこと数十秒で結果が!そんなに遅くないですね。

ヒット数が多いので、ゲーム内に戻り、お金を変動させます。

再度、EdiZonのCheatsに戻り、YボタンでSearch again。
VALUE:32731 としてサーチします。

ほい、結果が絞れました。

Aボタンで編集してみます。

ゲーム内でも変更できたことが確認できました。

 

とりあえず、こんなもんでしょうか。
SXOSの時と同じような感覚でメモリサーチができますね。
こっちのほうが安定してるし、動作も早いような気もします。

では、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください