SwitchにJKSVを入れてセーブデータをバックアップしてみよう

タイトル通り、今回はセーブデータのバックアップの話。

 

3DSの頃からセーブデータのバックアップはJKSVを使用していました。触ればすぐ分かるシンプルな動きが好きです。

 


●お約束
何が起きても自己責任でお願いいたします。

 


JKSVで何ができますか?

以下のデータのバックアップやリストアができます。

・ゲームのセーブデータ
・全アカウントで共有するセーブデータ(どうぶつの森など)
・BCATデータやキャッシュデータ

などなど。。
まぁ主にセーブデータのバックアップがメインですね。

 


●必要な環境
atmosphereが動作するSwitch

 


●JKSV導入方法

以下より、「JKSV.nro」をダウンロードします。
https://github.com/J-D-K/JKSV/releases

ダウンロードした「JKSV.nro」をSwitchのSDカードの「Swtich 」フォルダにコピーします。

 


●JKSV操作方法

起動は、Switchのアルバムから起動です。

 

JKSVが起動したら、バックアップしたいゲームを起動している
アカウントをAボタンで選択します。

アカウントでセーブされているゲームが表示されるので、
バックアップしたゲームをAボタンで選択します。

 

保存するフォルダを指定し、Aボタンで選択します。
新規の場合、「New」をAボタンで選択します。

 

「New」の場合、名前を付ける画面が表示されるので、好きに設定してください。デフォルトで年日時が入るので、そのままでも全然良さげです。

 

名前を付け、+ボタンを押すと、セーブデータが作成されます。
セーブデータは、SDカードの直下のJKSVの中の
「タイトルキーのフォルダ」>「任意の名前のフォルダ」
の中にあります。

 

セーブデータをSwitch本体に戻したい場合、
戻したいセーブデータをSDカードの直下のJKSV>タイトルキーの中に任意のフォルダ名で置いておきます。

JKSVを起動し、戻したいゲームを選択します。
Yボタンでリストアを選択すると、任意のフォルダが見えてくるので、選択して、Aボタンを押します。

確認メッセージをAボタンで進めます。長押しが必要です。

何度かAボタンで進めれば、リストア完了です。

 

セーブデータを出力できるようになると、PC上でセーブデータ編集が出来るようになるので、PKHeXのようなポケモンの一括編集は非常に捗りますね。

 

では、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください