サーチしたアドレスをSXOS_CodeBuilderでコード化しよう

今回はチートをコード化するための方法です。

 

 

・必要なもの

SXOS_CodeBuilder


・SXOS_CodeBuilderで出来ること

SX OSやJNoexsでサーチし、分かったアドレスをSX OS用のチートコードに変換することができます。


・作業内容

前回、JNoexsでサーチして得た結果より、

カービィの残機を指し示すMAINのアドレスは下記の通り。

[main+52fb18] – 192f94

[main+531120] – 18e7c0

[main+52fb20] – 192f70

本来3つもいらんと思いますが、とりあえず、どれが当たりか分からないので、全部試してみます。

 

SXOS_CodeBuilderからダウンロードし、解凍します。

SXOS_CodeBuilder.exeを起動します。

Data

Description:チート名
address(MAIN+0):サーチ結果のアドレス
value(decimal):書き換える値(HEX)
pointer offset:ポインターアドレスに加算するアドレス
register to be used:とりあえずFのままで良いかと
code format

static:アドレスがmainならこれを選択
pointer:アドレスがheapだったらこれを選択
memory type
・・そのままなので割愛

Bytes to be written
書き換える値のサイズを選択してください。

 

「[main+52fb18] – 192f94」の例でやってみると・・

入力後、「create code」をクリックすると、コードが作成されます。

 

ちなみに、なぜか「pointer offset」の隣の演算子がプラスしか選べないです。

今回は「[main+52fb18] – 192f94」なので、引き算です。

出力結果の7で始まる部分を引き算に直す必要があります。

[1]
580F0000 0052fb18
780F1000 00192f94
680F0000 00000000 00000001

こんな感じですね。


mainの結果は3つあったので、すべてコード化してみようと思います。

[1]
580F0000 0052fb18
780F1000 00192f94
680F0000 00000000 00000001

[2]
580F0000 00531120
780F1000 0018e7c0
680F0000 00000000 00000002

[3]
580F0000 0052fb20
780F1000 00192f70
680F0000 00000000 00000003

んで、テキストファイルに張り付けて、SX OS上で試してみます。

フォルダ構成とか決まっています。
SDカード\sxos\titles\01007e3006dda000\cheats
の中に、「7806784c632af0d8.txt」という名前で設置します。

サンプルを置いときますので、こちらをご確認ください。

 

さて、SX OSで試してみる。

まずは3をチートON!

できましたね。

 

んぢゃ、1にできるかな?

こっちもOK。

どっちのmainのアドレスも使えるということですかね。

 

 

ちなみにこのコード。別のユーザーで試すと機能しませんでした。万人向けのコードではないのかもしれません。

 

では、また。

 

「サーチしたアドレスをSXOS_CodeBuilderでコード化しよう」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください