ChoiDujourNX で Switch の本体更新を試してみた

事情があって、いつか本体更新が出来なくなった時のために。

 

 

 


ぶっちゃけyyoosskさんのところを見れば完全解決します。
・・・でもまぁ、せっかく試したので、備忘録を残しときます。


ファームの更新を自作アプリで実施するため、場合によってはSwitchが壊れるかもしれません。自己責任で。

また、ヒューズを焼くとか焼かないとか、あまり詳しくありませんので、質問されても分かりません。あしからず。。


・準備するもの

ChoiDujourNX

CFWが動作するスイッチ

更新したいファーム(各自準備!ググろう!!)


・操作方法

ChoiDujourNXをダウンロードします。解凍したら、USBの直下のSwitchフォルダの中に、ChoiDujourNXフォルダ毎コピーします。

ファームはUSBの直下にフォルダ毎コピーしておきます。

 

Switchを起動します。
自分はSXOSなので、SXOSでCFWを起動しました。

さらにSXOSなのでRボタンを押しながら、アルバムの起動で、hbmenuを起動しました。

↑の画像で気づく人は気づくかもですが、「Applet Mode」で
起動しちゃってます。

アプリ起動のほうがメモリを多く使えるらしいので、
本当はアプリとしてhbmenuを起動したほうが良かったかも?

アプリとしてhbmenuを起動するには・・・
ゲームを起動する要領で、Rボタンを押しながら、ゲームを起動すると、アプリとしてhbmenuが起動します。

まぁ「Applet Mode」で進めましたが、何も問題は起きていませんがね。

 

・・・つづき。

 

ChoiDuijourNXを起動したら、↓のような画面になります。
ここからは、画面をタッチして操作です。
ファームが入ってるフォルダを開きます。

ファームが入ってるフォルダがちゃんと開いていることを
確認し、右下のChooseをタッチします。

 

↓の画面になったら、自分はexFATがついているほうを選択しました。

 

なんかチェックが入ります。
チェックが終わったら、画面右下の「Select firmware」をタッチします。

 

最終チェックです。

AutoRCMはいらないので、
「Prevent fuse burning(enable AutoRCM)」のチェックを外します。

 

・・すると↓のような赤い確認メッセージが。。

AutoRCMぢゃないとヒューズ焼いちゃうよ?本当にチェック外して良いの?ってところでしょうか??

特に気にしないので、「I am Sure」を選択。

チェックが外れました。

「System initialize (full factory reset)」のチェックは最初から外れたままです。初期化したくないので、そのままでOKかと。

 

ほい、でわ以上で設定完了なので「Start installation」をタッチ!

数十秒待つと、文字が流れていくのが止まり、画面右下の「Reboot」がタッチできるようになります。

 

はい、とっとと「Reboot now!」で再起動しちゃいませう。

 

再起動後、バージョン確認。
無事、10.1.0になっておりました。

 


 

思ったより難しくは無いですが、やっぱりファームウェアの更新はドキドキしますね。

 

では、また!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください