REBUG TOOLBOX を入れていぢってみた

REBUGというCFWを使う上で、専用のTOOLBOXを入れておく必要がありそうです。

4

以前、REBUGをインストールする際に、TOOLBOXも落としていたので、早速ですが、インストールしてみました。

 

 

落としてない方は、REBUGのリリース元にPKGファイルがあるの落としておいてください。

0

例によって、落としたREBUG_TOOLBOX_FULL_02.02.07.pkgをUSBメモリの直下におきます。

USBメモリをPS3に挿し、XMBから

★パッケージマネージャー > パッケージファイルをインストールする > スタンダード の順に開きます。

REBUG_TOOLBOX_FULL_02.02.07.pkgが見えてくるので、選択します。

1

 

インストールが始まりますが、すぐ終わります。

 

2

 

 

XMBより、★ Rebug Toolboxを起動してみます。

×ボタンが決定なので、ちょっと注意。

4

問題なく、動きそうですね。

 

COBRAモードへの切り替えがここにありました。

5

Disableなので、Enableに変更しておきますかね。

6

 

 

webMANもDisableになっているので、Enableにしておきます。

7

8

ん?webMANを有効にしてから、COBRAを有効にしなければダメ?

とりあえず、このまま、両方同時にEnableにして、動くか試してみよう。

 

 

再起動します。

9

 

再起動後、古いバージョンのままですが、webMANが起動できるようになりました。

10

 

また、multiMANもCOBRAモードになりました。

11

 

 

次は、webMANを最新にでもしますかね。

では、また!

 

スポンサードリンク

「REBUG TOOLBOX を入れていぢってみた」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です